2011年10月13日

パルプ・フィクションで問題を解決する業者

 映画「パルプ・フィクション」は残忍なシーンが多いが、暴発した弾丸が後部座席の男に命中し、シートが肉片と血で染まるところほど酷く、そしてどこか諧謔味のあるシーンは無いだろう。
 この惨状をどうしたらいいか困り果てた2人の悪党、ビンセントとジュールスを助けに来るのが、ウルフだ。

 やって来たウルフは何事もテキパキと手際よく進める、いかにもやり手の悪徳問題解決屋に見えるのだが、現場に到着するとまず、落ち着き払ってコーヒーを要求する。2人の悪党にとっては差し迫った状況なのにウルフは何とも言いようのない存在感でもって、その場をいきなりコーヒータイムにしてしまう。

 ウルフは、コーヒーカップを片手に血みどろの後部座席を観察する。まるで機械修理に来た修理工のように、あるいは経営立て直しに来たコンサルタントのように持ち前の観察眼と洞察力で状況を確認する。たちどころに解決策が浮かんでしまったようで、次々と2人の悪党に指示を出す。

 悪党どもはウルフの指示通りに行動するのだが、ジョン・トラボルタ演じるビンセントはウルフの命令形を使った指示が不満なようで、指示するときは「プリーズ」を付けてくれと頼む。
 それを聞いて、ウルフは冷静ながらも敢然とビンセントを戒める。ここには「プリーズ」を言うために来たのではなくてトラブルの解決のために来たのだと。そのときのウルフの、ビンセントに対して呆れたように叱責する態度がたまらなくいい。

 ウルフの現場到着から問題解決までの行動は、悪徳業者というよりはできるビジネスマンそのもので、紳士然として振る舞い、断固として問題に取り組む姿勢には、ある種の爽快感さえも覚える。彼の確立した仕事のスタイルとそれを貫き通す意思の強さにも妙に納得させられる。仕事のできる男・ウルフは、くせ者の多いこの映画においてとりわけ異彩を放っていた。

 この悪徳問題解決屋・ウルフを、その優れた演技力でもって、いかにもそれらしく演じたのは、もちろん、名優ハーヴェイ・カイテルである。



posted by 春眠 at 08:44| 映画・音楽・文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

枝野経産相のサウジアラビア訪問

 枝野経産相が10月上旬サウジアラビアを訪問したとき日本のマスコミは原発でも協力していくと報道した。
 ところが、経産省発表の概要では原油という言葉はあっても、原発という言葉は一切使われていない。経産官僚も日本国内の脱原発の気運にかなり神経質になっていることがうかがえる。

 枝野経産相は、就任記者会見のとき前任者のように原発をゼロにするとは言わずに慎重に言葉を選びながら今後の電力政策を話した。原発無しでもやっていけるような国にしたうえで、原発を続けるか否かは国民の合意に基づくと枝野経産相は言っている。
 国内において、これは実質的な脱原発路線の継続と見ていい。

 原発輸出についてはまだ不透明感がある。枝野経産相が訪問したサウジアラビアと日本との原発協力が今後どうなるかもよくわからない。
 だが、日本が原発輸出をするなら、かなりの覚悟がいるだろう。

 福島原発事故で日本には過酷事故対策のできる専門家がいないことがばれてしまった。日本の原発専門家としてはかなり恥ずかしい事態だ。
 海外に原発輸出したとしても、万が一過酷事故が起きたときに対応できる人材がいないでは、受け入れ国をバカにしたような話だ。
 しかも、福島の事故を受けて安全設計が追加される可能性があり、建設コストが膨らみ、元がとれないかもしれない。さらに、もし日本政府が原発輸出に政府保証をつけるなら、最悪の場合、損失分を日本国民の税金で穴埋めするようなことになる。

 日本の原発輸出は、日本にとっても受け入れ国にとっても、あまりにもリスクの大きな事業になってしまった。

posted by 春眠 at 15:35| 原発・放射能・自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イランの原発と駐米サウジアラビア大使暗殺計画

 アメリカ司法省は、アメリカ国内で駐米サウジアラビア大使を狙った暗殺計画を未然に防いだと発表した。この暗殺計画にはイランが関与していると言われている。
 イランはこのところサウジアラビアとひどく敵対していて、この暗殺計画もその関係悪化の流れに沿って計画されたものだろうとの見方が強まっている。

 サウジアラビアは中東においてアメリカ最大の友好国であり、ブッシュ前大統領がサウジ王子をテキサスの牧場に招待したことからもその親密具合がうかがえる。ちなみに、もう一人だけテキサスの牧場に招待されたのは日本の小泉元首相だ。

 この文脈で日本のサウジアラビアへの原発輸出について読み説いてみる。
 イランが原発を始め、核を保有するなら、アメリカとしては友好国サウジに核を持たせたくなる。核兵器として持たせるわけにはいかないので原発でどうか、となる。日本がプルトニウムを持たされてるのと同じ理屈だ。
 ただ、残念なことにアメリカには原発メーカーが無い。GEもWHも日系メーカーとなってしまった。
 そこで、日米関係を利用する。日本によるサウジアラビアへの原発輸出は、結局アメリカの管理下でのサウジアラビアへの核配備と同じ意味になる。
 その他の日本の原発輸出計画についても似たような事情が垣間見える。
 ベトナムもトルコも地政学的にアメリカの戦略上重要な国であることは間違いない。

posted by 春眠 at 20:48| 原発・放射能・自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

核廃棄物 100万年の虜囚

 今年、日本では「10万年後の安全」という映画が話題となった。フィンランドのオンカロという核廃棄物の最終処分場について描いたドキュメンタリーだ。
 日本でも核廃棄物の最終処分は問題となっていて、国内でオンカロのように地層処分できる場所を探してきたが見つかっていない。それで、モンゴルに捨てようという計画が報道されもした。

 日本の原発専門家が今でも日本国内で地層処分ができると考えているなら、何と言ったらいいかわからない。怒りを通り越して、その硬直化した思考から抜け出せないことが憐れでさえある。

 日本のような地震大国に安定した地盤などなく、地層処分などできるわけがない。地層処分という発想は欧米のように地盤が安定しているところだからこその発想であって、日本向けではない。地震に弱いGEのマーク1型原子炉を使い続けたのと同じ思考停止状態がそこにはある。

 映画ではオンカロを10万年持たせれば良いということだったが、厳密にいえば、高レベルの核廃棄物は無害化されるまで、自然に任せるなら100万年かかると言われている。低レベルのもので300年かかる。
 人類は少なくともこの期間が過ぎるまで放射能の脅威によって囚われた虜囚となる。

posted by 春眠 at 08:41| 原発・放射能・自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トリウム原子炉 核廃棄物処理幻想

 一部の原発関係者や一部の環境保護派から、トリウム原子炉を次世代の原子炉として推す声がある。原発関係者が推してる理由はよくわからないが、環境保護派はトリウム原子炉での核廃棄物処理に期待しているようだ。

 トリウム原子炉は、トリウムの着火剤としてプルトニウムを必要とし、着火によってプルトニウムを壊変させてしまう。トリウムの核反応によっても極微量のプルトニウムは出るようだが、全体としてプルトニウムを減らすことができる。
 要するに発電しながらプルトニウムを減らせるのだから一石二鳥ではないかということだ。

 だが、これまで溜め込んだ死の灰のうちプルトニウム以外のものを減らせるわけではない。それどころか、トリウム原子炉を稼働させれば新たな核廃棄物を生んでしまう。主な核廃棄物は300年で無害化するようだが、極微量ながらも100万年かかる核廃棄物も出るようだ。

 トリウム原発関係者は、高レベルのものは誤差として切り捨ててしまい、300年だと言う。300年だけを強調すれば、無害化年数が10万年とも100万年ともいわれる核廃棄物を大量に出す現在の原発よりははるかにマシなように思う。原発をやるならトリウムしかないと思えて来る。
 だが、300年の管理にしたって十分に遠い歴史の彼方にあり、人類がきちんと管理できるかどうか疑わしい。
 ここで、トリウム幻想から覚めてしまう。

 原発を利用したほんの50年間のせいで人類は100万年先の未来にとてつもなく大きな負債を負わせてしまった。

posted by 春眠 at 13:16| 原発・放射能・自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。