2011年10月08日

自然エネルギー財団設立イベント

 9月12日に自然エネルギー財団の設立イベントが開かれた。
 そこでは創立者の孫正義が東アジア・スーパーグリッド構想をぶち上げ、マスコミでも取り上げられて話題になった。

 この日の午後には、1977年にソフトエネルギーパスという本を出版したエイモリー・ロビンズが登壇し、講演を行った。
 ソフトエネルギーパスは、当時一部で謳われていた自然回帰の思想と相俟って、たいへん話題になった。その後出版された日本語版では当時政財界に最も影響力のあるエコノミストの一人だった大来佐武郎が序文を寄せている。
 ソフトエネルギーパスとは、分散型発電システム、自然エネルギー、テクニカルフィックス(省エネ・節電など)の3つの柱を展開することで、ハードエネルギーにつきものの資源を巡る争いや核の脅威から抜け出し、永続的な平和を実現しようとの主旨で書かれている。
 だが、日本では大来佐武郎の序文にもあるようにソフトエネルギーには懐疑的で、その後ひたすらハードエネルギーパスを歩んでしまった。

 先月の講演では、ロビンズが今もソフトエネルギーパスを歩んでいることが示され、日本に対しては今からソフトエネルギーパスに進めば、燃料は乏しいが自然エネルギーの豊富な日本は世界に多大な貢献ができると激励した。

 最近の世論調査では国民も自然エネルギーを望んでいることが示されていて、遅れてやってきたソフトエネルギーパスに日本人も乗る心の準備はできているようだ。



posted by 春眠 at 11:00| 原発・放射能・自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。