2011年10月09日

小沢一郎と脱原発デモ

 小沢一郎衆院議員は、忙しい合間を縫って10月2日に市民との対話集会に出席した。陸山会裁判の判決後でかつ自身の公判直前ということもあって、そこでの発言はかなり注目された。

 前半は裁判について話し合われ、多くの人の関心はここに集まったようだ。マスコミでもその発言は報道されている。この市民集会では全員一致でもっぱら司法批判に終始していた。
 ただ、私が注目したのは、東日本大震災と福島原発事故について話し合われた後半の部分のほうだ。

 市民は次々と原発事故に対する不安な思いを告げる。今回の原発事故ほどマスコミ報道に疑念が持たれたことはかつてなく、マスコミが伝えない放射能の不安を訴えていた。
 海外の海洋汚染マップを示して、三陸沖が放射能に汚染されているが、日本の魚は安全だろうか、また、現在の日本の食品の暫定基準値は核戦争で食べるものが無いときに仕方なく口にするレベルで実は極めて危険なレベルではないのかといった疑念を投げかける。

 小沢も回答には四苦八苦している様子が見て取れたが、基本的に市民との対話を楽しんでいるようで、マスコミ相手の記者会見のときに見せる不機嫌な態度は皆無だった。小沢一郎という人が、いつの間にかマスコミ権力と距離を置く市民の仲間入りをしてしまったかのようだった。

 こうしたやりとりの中で私が一番驚いた市民からの要望は、小沢一郎に市民による脱原発デモの先頭に立ってくれというものだ。小沢は即答を避けていたが、まんざらでもなさそうな笑み(シャイな照れ笑いのようなお得意の笑顔だ)を浮かべていた。
 小沢一郎が脱原発デモを先導する姿には度肝を抜かれるだろう。市民活動家上がりの菅前首相が参加するよりもインパクトは大きい。

 小沢一郎という政治家は良くも悪くも変わり身が早く、あっと驚かせるのがうまい。
利権政治の中枢にいたときに日本改造計画を出版し、利権の破壊と自由主義経済の推進の重要性について訴えた。小沢はシュムペーターの創造と破壊をやろうとしているとその新自由主義的思想に驚かされた。
 民主党の代表か、あるいは幹事長のときだっただろうか、そのときはメーデーの労組の集会に出席し、満面の笑みを浮かべて組合員にビールを振舞っている姿がテレビで報道された。そのときは労組が左翼ではなくて右翼に属しているのではないかと錯覚させられそうになった。

 司法に懐疑的な人たちと脱原発派は、国家の強権批判という点で被るところもあるのだろう。小沢一郎に司法批判と脱原発のシンボルになってもらいたいとの思いがこうした市民にはあるのかもしれない。
 そして、そうした市民たちの思いを政治家・小沢のアンテナはキャッチしている。政治家は有権者のそこはかとない思いを読み取る能力に長けている。中曽根は世の情勢の変化に合わせてころころ意見を変えるので、風見鶏と批判されたが、政治家は皆、風見鶏であって、小沢も例外ではない。

 90年代バブルが崩壊して、閉塞感が充満していたときに小沢が創造と破壊の新自由主義を持ち出したのはその最たる例だ。小泉政権は、ほぼ小沢の日本改造計画の主張に沿って改革を実践した。
 よく批判される小泉改革は、元は小沢が言い出したことだ。

 強いものには巻かれろ。当時のレーガンからパパブッシュの政権の流れで、アメリカが新自由主義だったので、それに安易に従った。その程度のものだろう。

 ところで、最近、冤罪事件の発覚が相次いだことで市民の司法への感情がとても悪くなっている。市民の立場に立った司法制度改革の必要性を訴える人は多い。
 だが、国の制度を変えるには力がいる。司法改革を唱える市民の中に小沢支持が少なくないのは、おそらく司法改革を進めるために小沢一郎という力を必要としているのだろう。
 私は政治家など単に国民の要求を実現するための方便で構わないと思ってるので、彼らが小沢をどう利用しようと一切関知するものではない。



posted by 春眠 at 15:12| 原発・放射能・自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。