2011年10月13日

パルプ・フィクションで問題を解決する業者

 映画「パルプ・フィクション」は残忍なシーンが多いが、暴発した弾丸が後部座席の男に命中し、シートが肉片と血で染まるところほど酷く、そしてどこか諧謔味のあるシーンは無いだろう。
 この惨状をどうしたらいいか困り果てた2人の悪党、ビンセントとジュールスを助けに来るのが、ウルフだ。

 やって来たウルフは何事もテキパキと手際よく進める、いかにもやり手の悪徳問題解決屋に見えるのだが、現場に到着するとまず、落ち着き払ってコーヒーを要求する。2人の悪党にとっては差し迫った状況なのにウルフは何とも言いようのない存在感でもって、その場をいきなりコーヒータイムにしてしまう。

 ウルフは、コーヒーカップを片手に血みどろの後部座席を観察する。まるで機械修理に来た修理工のように、あるいは経営立て直しに来たコンサルタントのように持ち前の観察眼と洞察力で状況を確認する。たちどころに解決策が浮かんでしまったようで、次々と2人の悪党に指示を出す。

 悪党どもはウルフの指示通りに行動するのだが、ジョン・トラボルタ演じるビンセントはウルフの命令形を使った指示が不満なようで、指示するときは「プリーズ」を付けてくれと頼む。
 それを聞いて、ウルフは冷静ながらも敢然とビンセントを戒める。ここには「プリーズ」を言うために来たのではなくてトラブルの解決のために来たのだと。そのときのウルフの、ビンセントに対して呆れたように叱責する態度がたまらなくいい。

 ウルフの現場到着から問題解決までの行動は、悪徳業者というよりはできるビジネスマンそのもので、紳士然として振る舞い、断固として問題に取り組む姿勢には、ある種の爽快感さえも覚える。彼の確立した仕事のスタイルとそれを貫き通す意思の強さにも妙に納得させられる。仕事のできる男・ウルフは、くせ者の多いこの映画においてとりわけ異彩を放っていた。

 この悪徳問題解決屋・ウルフを、その優れた演技力でもって、いかにもそれらしく演じたのは、もちろん、名優ハーヴェイ・カイテルである。



posted by 春眠 at 08:44| 映画・音楽・文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。