2011年10月15日

制服向上委員会と生活向上委員会

 昔、生活向上委員会というフリージャズ・バンドがあった。公演のとき奇抜なパフォーマンスをすることで有名で一時期よく雑誌のグラビアに取り上げられていた。ただ、雑誌といっても、写真を掲載したのは芸能誌ではなくて、ラディカルな音楽雑誌や左翼系の雑誌だった。

 特に印象的な写真は、京大西部講堂での公演のものだった。私はこの写真を見たとき生活向上委員会の曲を聞いたことがなかったのに、京大西部講堂と生活向上委員会の組み合わせはクールだ、と直感的に思った。
 京大西部講堂は、学生運動の思想的拠点であり、アヴァンギャルドな連中が集まるクリエイティブな空間というイメージがあった。そこで奇抜なパフォーマンスをするフリージャズのバンドがあって、名前は生活向上委員会という。これだけで十分だった。

 生活向上というのは個人的な生活だけを指すなら自由主義的で、社会全体の生活の向上を目指すとなるとどこか共産主義的革新のにおいがする。委員会が生活向上を指導するなら、より共産主義的なにおいが強くなる。
 このようにフリージャズと政治思想が混ぜ合わさった何とも言えない雰囲気を生活向上委員会は醸し出していた。

 制服向上委員会というアイドルグループができたと知ったとき、これは生活向上委員会のパクリではないかと思った。だが、アイドルにフリージャズも政治思想も無いだろうと自分の思い過ごしだとそのときは結論付けた。その後、制服向上委員会の曲を聞いたことは無かった。

 それなのに今年に入って311以降突然、彼女たちの歌を耳にするようになった。街宣車の上でアイドルが脱原発ソングを歌ってる。頑張ってるなとは思っていたが、さほど印象には残らなかった。
 ところが、制服向上委員会の歌に心が動かされるときが来た。それは919の明治公園での「さようなら原発5万人集会」のときだ。制服向上委員会は6万人の人々の前で圧巻のステージを見せてくれた。

 まずアイドルなのにギターを抱えている女性が出て来たのに驚かされた。「アイドルがギターの弾き語りなんてできるのか?」。この会長だという女性はしっかりとギターを弾きながら1曲目を歌い終えた。しっとりとした反原発バラードで、中高生アイドルにしてはやるなと思わされた。(あとで会長だけは年代がかなり上だと知って納得した)
 次に制服向上委員会がアップテンポの脱原発ソングを踊りながら歌った。この曲は盛り上がった。会場を埋め尽くした人々はアイドルファンでも何でも無いだろうが、若い女性の元気な歌ときびきびした踊りにかなり感動したようで、曲が終わると「紅白!」の掛け声がかかった。

 制服向上委員会のリーダーは、自分たちは大人たちからあまりよく思われていなくて、追い詰められてるような話をしていたが、楽曲はしっかりとしているし、踊りも皆揃っていたので、支援してくれる大人たちがいないとここまではやれないだろうとは思った。
 実際調べてみると仕掛け人のプロデューサーがいるようだ。周囲の大人は応援している、というか、仕掛け人の思惑、下品な言葉を避ければ意思・思想がかなり影響しているようにも思える。私は知らなかったのだが、制服向上委員会はアイドルグループとはいっても、これまでも社会的な活動に参加したり社会性の強いメッセージソングを歌ってきたりしたようだ。(やはり、生活向上委員会のパクリだったのかもしれない)
 どういういきさつで彼女たちが脱原発ソングを歌っているのかはともかく、放射能は若ければ若いほど悪影響を及ぼすし、子供を産む前の女子であれば本能的に拒絶反応が出るのは当然だろう。

 ステージを終えると彼女たちは下に降りていって、人々に交じってデモに参加する人々を送り出す声かけをしていた。こんな風に大衆の中に自然と入って行けるアイドルというのも悪くない。



posted by 春眠 at 10:33| 原発・放射能・自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。