2011年11月02日

野菜を鷲掴みで食べるギタリスト 前段

 そのころスティービー・ワンダーはまだ20代前半だったけれども、幼いころから音楽活動を続けていたため、芸歴は長かった。
 彼の不満はミュージシャンにとって最大の名誉であるグラミー賞を受賞できないことだった。グラミー賞の選考に影響力のある関係者にグラミーをとれない理由を聞いてみると音が黒過ぎるからと言われ、自分が愛するブラック・ミュージックを頭ごなしに否定されたように感じ、怒り心頭に発した。
 だが、このときスティービーは差別への抗議行動に出るのではなくて、それならあまり黒くない音楽を作ってやろうと考えた。戦略的にグラミー賞をとろうと計画を練った。
 スティービーが名誉欲のために自分の音楽性を捨てる覚悟で、白い音楽をあえて受け入れる決意をしたのか、はたまた自分の音楽を洗練させるという純粋な向上心によって楽曲作りに励んだのか、そのときの彼の真意はよくわからない。
 とにかく、スティービーはグラミー賞受賞を目指して楽曲作りに取り組む。そんな彼がグラミー賞受賞を目指して戦略的に作った曲が有名な迷信で、この曲は大ヒットした。その後、同様の目的で作られたサンシャインも大ヒットする。
 そして、スティービー・ワンダーは念願のグラミー賞受賞を果たす。

 私は、スティービーがグラミー賞関係者の言う通りに黒さを薄めた音楽を作ったと知ったとき、不思議な気持ちがした。なぜなら、私にとっては迷信もサンシャインも十分に黒く響いたからだ。どちらもソウルやR&Bのスピリットに溢れていて、どこが白っぽいのか最初はよく理解できなかった。
 だが、迷信以前のスティービー・ワンダーの曲を聞いてはじめて白っぽいブラック・ミュージックの意味がわかったような気がした。シングル曲・迷信(アルバムならトーキングブック)の前後でスティービー・ワンダーのサウンドは確かに大きく変化している。
 それまではR&Bを元気いっぱいに歌っているだけだったのに、迷信を境にアレンジに凝るようになり、サウンド全体のバランスを考え、楽曲の構成にも配慮するようになったのが歴然としている。

 スティービーの歌声には特徴があり、少し声が弾み過ぎている。だから、サンシャインのようなアップテンポ・バラードを一人で歌い切るとバラードらしさが打ち消されてしまい、ただの乗りの良い曲になってしまう危険性がある。スティービーが一人で、きみはぼくの太陽だ、と歌い上げても、あまり情感が湧いて来なかっただろう。
 サンシャインでは、バックコーラスの歌手に出だしのメロディーをソフトに歌わせている。男声が「きみはぼくの太陽だ」と歌うと、女声がそれに答えるように「あなたはわたしの心を奪ってしまった」と歌う。二人に恋歌のかけ合いをやらせている。そのあとにスティービーの弾んだ声が続き、二人をからかうように歌う。
 メローな男女の声のあとに続くスティービーの弾んだ声は、愛する二人をからかいながらも温かく見守る友人か何か(恋の解説者のような)のように聞ける。
 こうして、サンシャインはただの乗りの良いラブソングにはならず、ユニークで情感のあるバラードになった。

 名曲・迷信は、前奏のリフがロックギターのような音を出していて、黒人のソウルとは一味違った味付けになっている。スティービーが好きなブラスも盛り上がりを際立たせるために慎重に計算して抑制的に使われており、それが却ってブラスに一段と迫力を与えている。
 歌詞も捻りが利いている。タイトルが迷信というのだから、迷信を肯定するのかと思いきや、「迷信なんてものを信じたらあんたは苦しむぜ」と歌い、迷信を否定し、迷信を信じる者を憐れんでいる。
 このへんの皮肉っぽい歌詞も、シニカルなインテリ批評家には受けが良かったのだろう。

 どうも、スティービーの言われた音が黒過ぎろというのは、構築力が無く、構想を十分に練った跡も無く、構成が理路整然としていない、という意味がありそうだ。
 もし私の見解が正しければ、やはり音が黒過ぎるという言い方は有色人種への差別だろう。有色人種は感覚的かつ感情的で、理性を欠いていると言われたようなものなのだ。
 今にして思えば、「黒っぽい音」というのは白人インテリ批評家たちの間だけで使われていた隠語だったのかもしれない。
 ただ、インテリ批評家の功罪はここでは脇に置く。スティービーの名曲・迷信に纏わる迷信でない事実にフォーカスしたい。

(後段に続く)



posted by 春眠 at 07:49| Comment(0) | 映画・音楽・文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。