2011年12月03日

元秘書の証言に苦しむ小沢一郎

 陸山会事件・小沢被告第6回公判が開かれ、大久保隆規元公設第1秘書に対する証人尋問が行われた。

 大久保隆規元秘書は法廷でいくつかの重要な証言をしている。
 以下は産経ニュースを参照し、ピックアップした。

・政治収支報告書について署名捺印したとの調書での証言は、事件の拡大を防ぐために自分のところで終わらせようとして、誤った証言をした。

・(平成16年)政治収支報告書は受け取っていない。裁判に至るまで見たこともない。

・会計責任者であったけれども象徴的な立場で、実際は東京のとりまとめ役(人事業務)に過ぎず、会計実務はスタッフがやっていた。

・会計収支についてはスタッフからまったく報告を受けていない。


 また、第4回小沢公判では石川知裕衆院議員が証人として証言している。
 4億円については、石川議員は小沢議員から渡された金ということ以外に出所を知らない。
 4億円の受け取りについては小沢議員より「用意できたから取りに来てくれ」と電話があり、元赤坂タワーズに取りに行った。金を受け取ると小沢議員より「ちゃんと戻せ」と言われた。
 政治収支報告書そのものを小沢議員に見せて説明したことはないが、概略は説明している。特に収入については説明している。
 りそなの4億円の返済方法については小沢議員と相談したことはないし、調書には小沢議員からの指示があったとあるが、それはなかった。調書にそう書いてあったのは、よくわからない。
 検事との任意聴取の内容を紙に書き起こしたものには「不動産の公表をずらすというのは報告してます」とあるが、小沢議員に報告したと検事に言ったと思うと曖昧に証言している。
 検事は小沢議員を起訴しないと言って、石川議員に小沢議員の事件への関与をしゃべらせていた。

 また、大久保元秘書も石川議員も小沢議員の収賄疑惑についてはきっぱりと否定している。

 上記より大久保元秘書は会計責任者だったが、あくまでも名目上のもので、実際はスタッフのまとめ役をやっていたに過ぎないことがわかる。
 実際の会計事務は石川議員がやっていたが、必ずしも小沢議員が収支報告書に関与していないわけではないこともわかる。

 裁判所と検察が一体化してるとの批判はよくあるが、今回の公判では小沢議員にとって不利に働くのは、皮肉にも裁判所と検察が分かれていることだ。

 検察は自白偏重で冤罪事件がいくつか発覚したことで、陸山会事件での小沢議員関与については、検察上層部が特捜部に物証を明らかにするように指示している。
 証言や調書だけでは、冤罪事件になる危険があるので、それを避けたかった。
 結局、特捜部は小沢議員の明白な指示があったことを示す物証(メモ、指示書などの書いたもの)を見つけられなかったので、起訴を諦めた。

 裁判所は、検察の検面調書の一部不採用を決めたように検察の強制捜査による密室での調書を信用していない。任意性が高く、公開されている証言を評価している。
 つまり、今回の裁判官は強制力の働きやすい関係に置かれた状況での証拠を信頼していない。これは同じように主従関係が成り立つ小沢議員と元秘書との関係にも当て嵌まるので、上下関係のもとでの「無かった話」も信頼していない。
 密室での強制力のある捜査が当てにならないので、公開の法廷での立証の過程で判明した事実、証拠というものを重視している。だからこそ、訴因変更も行われた。
 また、密室での検面調書を信用しない代わりに、公開の法廷での証言、特に偽証罪の成り立つ宣誓した証人の証言を信頼している。水谷建設元社長の法廷での贈賄証言は、当然ながら、信頼されねばならない。もしこの証言を裁判官が無視すれば、それこそ裁判官が公開の裁判、法廷を無視し、侮蔑したことになり、大問題となる。

 もうおわかりかと思うが、このような条件のもとでは、元秘書2人の証言は小沢議員に不利に働く。

 まず大久保元秘書は実質的には会計業務にタッチしなかったと証言している。
 石川議員も、収支に関して小沢議員と詳細なやりとりはしていないが、クリティカルなポイントは報告しており、また4億円を小沢議員から受け取ったときに言われた「ちゃんと戻せ」という言葉は、含意のある指示と判断できないこともない。
 また、検事との任意の聴取については、きっぱりと否定しておらず、曖昧にしている。つまり、宣誓した証人としては、完全否定が偽証になるとの意識があるのではと思われる。

 それに、彼らの検察の不当な取調への否定というのは、彼ら自身にかけられた嫌疑への否定がほとんどで、彼らの関与が薄いのなら、収支報告書虚偽記載という事実は厳然としてあるのだから、陸山会代表の小沢議員がすべてを主導したことになる。

 これらのことから、小沢議員の収支報告書虚偽記載への関与は状況的に否定できない。

 最後は裁判官の心証で決まるのだろうが、裁判所としての心証を導き出す論理はすでに確定しているように思われる。



posted by 春眠 at 16:32| Comment(0) | 政治・経済・社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。