2011年12月25日

ハリウッドのデッドマン・ウォーキング

 映画「リービング・ラスベガス」が日本で公開されたとき、主演はショーン・ペンとスーザン・サランドンだと思っていた。

 ショーン・ペンはアル中の役をやるには線が細いような気がしたが、スーザン・サランドンは恋人の娼婦役にはピッタリだと思った。

 ところが、後でこれが誤りだとわかった。
 当たり前だが、リービング・ラスベガスの主演は、ニコラス・ケイジとエリザベス・シューだ。

 どうして勘違いしたかというと、両映画の公開時期が重なっていたのと両方とも精神的にボロボロになっていく人間の話ということがあり、自分の中でごっちゃになったようだ。

 スーザン・サランドンは娼婦どころか正反対の修道女の役をデッドマン・ウォーキングで演じていた。

 リービング・ラスベガスは、アル中の男の役はニコラス・ケイジで、この配役は合っていると思うが、ミッキー・ロークのほうがもっと合っていた。娼婦役は、エリザベス・シューよりはスーザン・サランドンのほうが合っている。

 ちなみに、同じ年のアカデミー賞で、ニコラス・ケイジは主演男優賞、スーザン・サランドンは主演女優賞をとっている。
 2人が同じ映画に出ていたらどうなっていただろうかとも思う。

 ところで、リービング・ラスベガスの映画化は、原作者のジョン・オブライエンが拳銃自殺したあとに速いスピードで進んだ。
 映画化権そのものは原作者の拳銃自殺の直前に契約が結ばれていたのだが、映画化権が認められたからといって、すぐに映画化されるわけではない。

 小説「リービング・ラスベガス」はまったく売れなかった。そんな小説の映画をハリウッドの巨大資本化した映画会社がすぐに撮るとも思えない。

 きっかけは、原作者の自殺だろう。
 原作者の人生と二重写しに見える映画を作ることで、宣伝で原作者の自殺をときに大袈裟に、ときにさりげなくアピールする。
 物語の中身よりも、作品の背後にあるセンセーショナリズムにハリウッドの心は動いたのだ。

 映画に投下された資金は回収されなければならない。センセーショナルな宣伝文句の無いような映画ではプロモーションが難しい。
 人の死をも消費し尽くそうとするハリウッドの資本の論理がよく現れた映画化だった。



posted by 春眠 at 09:59| Comment(0) | 映画・音楽・文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。