2011年12月27日

テレビ視聴率に見る人々の関心

 年末、ずっと低落しているテレビ界に久しぶりに良いニュースがあった。

 あるテレビドラマの最終回が視聴率40%を超え、これは11年ぶりの快挙だという。
 視聴時間が減っていると言われる現在の日本で、この視聴率は驚くべき数字で、人々は再びお茶の間のテレビに戻ってきたのかと思わせる。

 そういう面もあるのだろう。こういう時代だから、ホームドラマでも気楽に見ようかとの振れ戻しがあったとしても不思議ではない。
 このドラマは問題のある片親家庭に入った家政婦がクールながらも、温かい交流をするというものだそうで、よくあるホームドラマのようだと想像する。
 想像しかできないのは、私がこのドラマを一度も見てないからだ。メディアで伝えられている内容だけを読んで判断している。

 見ていないので何とも言えないが、内容が優れてるというが、他の低視聴率のドラマと同じような制作者や役者がかかわっているのだろうから、特にこのドラマだけが優れているとも思えない。
 片親家庭と救世主のようなクールな家政婦の組み合わせが、テーマとして震災後の日本に嵌ったのではないか。

 ドラマの内容だけなら、私は特に見たいとは思わないが、先日見ておけば良かったと後悔するときがあった。
 このドラマの主題歌を斎藤和義が歌っていて、よくラジオで耳にするメッセージ性の強い曲「やさしくなりたい」(「ずっと嘘だった」ほどはダイレクトではない)がそれだと知って、俄然興味が出てきた。

 原発マネーを貰ってきたテレビが宗旨替えをしたのだろうか、ドラマから斎藤和義の曲への流れはどんな感じだろうかと確認したくなった。
 もし主題歌に誘われてドラマを見ていれば、ついでに感動していたかもしれない。

 この家政婦ドラマを主演した女優の過去の主演映画が最近プライムタイムで放映され、その視聴率が散々だったとネットでは伝えられている。

 どうも高視聴率ドラマの理由はドラマの内容が良かったという単純なものではなさそうだ。
 原発推進だったテレビと反原発ソングの斎藤和義の組み合わせに驚かされた人々が、かなり惹き寄せられたのではないだろうか。



posted by 春眠 at 08:53| Comment(0) | 政治・経済・社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。