2012年02月23日

供述調書の多くが証拠不採用となった陸山会事件小沢裁判の行方

 田代検事や前田元検事の法廷での証言によって、供述調書の任意性が問われ、また、田代検事の捜査報告書にはあった小沢被告の強い関与を示す部分が石川議員の隠し録音には無かったという点での不一致が判明し、石川議員の調書の多くが却下された。

 法廷での証言を重視して審理が進むのが、最近の重大事件裁判の傾向で、陸山会事件の元秘書の裁判でも、JR福知山線脱線事故の元社長の裁判でも、法廷での証言が信頼されて、判断が下されていた。
 だから、法廷での審理で供述調書の信頼性に疑念が生じたときに証拠として却下されるのは、最近の傾向に沿っている。


 陸山会事件の元秘書の裁判でも、多くの供述調書が却下されたが、水谷建設元社長の偽証罪の成立する宣誓した証人としての贈賄を認める証言が重かった。
 JR福知山線脱線事故では、検事がダイヤ改正の意味を十分に調査しなかったことなどがあり、法廷での証人の証言が供述調書と相反していたが、偽証罪の成立する宣誓した証人の証言のほうが重かった。

 公判での立証過程で発覚した問題に対応する場合、法廷での証言を重視するというのが、ここのところの裁判所の姿勢となっている。

 今回は小沢被告の強い関与を示す石川議員の供述調書は不採用となったが、石川議員は小沢被告の公判でも強い関与は否定していたので、これらの供述調書が採用されたとしても、法廷での証言が優先された可能性が高い。
 そして、大事なのは、石川議員は小沢被告の政治収支報告書虚偽記載の関与を全面否定しているわけではないということだ。
 小沢被告は一貫して政治収支報告書や収支については知らない、秘書に任せていると主張しているが、小沢被告公判で石川議員は口頭で収支については小沢被告に話していると証言している。
 また、池田元秘書が小沢被告への収支の報告を認めた調書は証拠として採用されている。
 しかも、4億円の融資書類に小沢被告が署名したとの客観的事実もある(小沢被告は内容を知らずに署名したと主張)。

 会計責任者の大久保元秘書は、形だけの会計責任者で、実務は別の秘書がやっていたと小沢被告の公判で証言している。
 会計責任のある、会計責任者も資金管理団体の代表の小沢被告も、収支報告書については知らないと言い張っている。
 少なくともどちらかには収支報告については重い責任があるはずで、小沢被告が無関係なら大久保元秘書の責任は重く、大久保元秘書が無関係なら小沢被告の責任は重い。

 検察官役の指定弁護士は、客観的事実によって有罪を立証しようとしているようだ。
 とりあえず、法廷での証言は却下されず、正当性の欠ける調書は排除されたので、採用された調書は確実な証拠とされる。
 これら正当性が確認された証拠だけでも、検察官役の指定弁護士は有罪の立証はできるだろう。
 検察の供述調書が信頼を失った最近の裁判では、裁判所は法廷での立証過程を重視し、法廷での証人の証言を重視している。法廷で最後の捜査をやっているようなものだ。
 そして、法廷での捜査の結論は、裁判所が下す。



posted by 春眠 at 11:35| Comment(0) | 政治・経済・社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。