2012年03月12日

南相馬市の黒い粉でわかった藍藻の除染効果

 南相馬市で発見された黒い粉の高い放射線量の原因は、藍藻が放射性物質を吸着させたからだと植物学者から指摘されている。

 ところで、原発村の放射能廃棄の研究で、コケやカビが放射性物質を吸収することがわかっている。
 藍藻もコケの一種と見られていて、こうした原始的な生物は、無節操に無機物や有機物を吸収してしまうようで、放射性物質をも吸収してしまうのだろう。
 水槽などに汚れた水を放置しておくと藍藻はすぐに発生するようで、水の中の汚れをバクバク食べてどんどん増殖してしまうようだ。

 南相馬市ではこうした枯れた藍藻と見られる放射能を多く含んだ黒い粉がたくさん見つかっていることから、藍藻は、無機物の栄養が降って来たと放射性物質をバクバク食べてしまったのかもしれない。
 その枯れた藍藻が集まって黒くなった粉が至る所にあるようなので、原発事故以前に枯れた藍藻がこのように大量に見つかっていなかったのなら、その原因を考えてみる必要がある。

 京大の農学研究者が昨秋福島では豊作だったと伝えている。害虫がいなかったようで植物病が無かったのだそうだ。
 害虫がいなかったことと枯れた藍藻というのはどこかつながっているように思える。
 これらの微小な生物が放射能を吸収することで、微小であるがゆえに放射能の影響が大きく、内部被曝により殺されてしまったのではないかと推測できないこともない。

 南相馬市では現在は大気中に放射能は検出されなくなったようだが、昨年は検出されている。
 これらの放射能が落下したときに藍藻に吸着したと見ることもできる。

 藍藻は湿っぽいところを好むので、大気中から落下したものをそのまま吸収するよりも、どちらかといえば、雨水や雪解け水などの水で流された放射能を水の滞留する場所で吸収したほうが多いのではないかと考えることもできる。
 放射能吸収によって枯れた藍藻が、乾いた日に舞い上がって、アスファルトやコンクリートの上の風の吹きだまりに集められ、目立つので市民によって発見されたのだろう。

 藍藻がどうのようにして放射能を集めているのかよくわからないところがある。
 単に藍藻が放射能を栄養と勘違いして内部に吸収しているのか、あるいは、藍藻の表面にくっつきやすいので集まるのか。
 いずれにしても、藍藻が放射能を集めやすいことはわかったので、吸着の仕組みを分析すれば、放射能の除染剤として利用できるかもしれない。
 たとえば、放射能のこびりついた屋根に藍藻の成分の混ざった薬剤でパックしてしまい、パックをはがすときに放射能もパックにべっとり貼り付くようにすれば、取りにくい屋根の除染に活用できる。
 化粧品で使われる肌のパックでは皮膚組織にこびりついた老廃物を取り除くことができる。こうした肌パックの研究者も交えて、化学、分子生物学、植物学、放射能廃棄の専門家らが協力すれば、ユニークな除染剤が開発できるかもしれない。
 そこまでしなくても、水の流れの滞留するところに藍藻を繁茂させておけば、藍藻が放射能を自然に吸着してくれるので、ある程度放射能が溜まったら、その都度藍藻を除去していけば、放射能の除染になる。



posted by 春眠 at 11:12| Comment(0) | 原発・放射能・自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。