2012年03月14日

南相馬市の黒い粉に止まらない低線量被曝の広がり

 南相馬市で見つかった藍藻に集積された放射性物質から核種として確定したのはセシウムだけだが、β線とα線の反応も見られるようだ。
 かつて病気の治療薬としてα線核種が使われ、その副作用でがんが発生することが投与の30年後に確認されているので、α線の存在は気になる。

 高い放射線を発する黒い粉が発見された南相馬市では健康障害も出ているようだ。
 広島原爆症患者を長年診断し続けて来た肥田舜太郎医師は、この地域で脱毛が見られる女性の症状が被曝影響と思われるとラジオで発言している。
 この女性がかかっている医者は放射能の影響ではないと主張しているが、それだけ福島県内の医師が神経質になっているのだろうと肥田は言う。
 また、東京都内の集会で、南相馬市で除染ボランティアをしている男性が、心臓発作を起こす住民が出ていると警告していた。
 どちらも今のままでは放射能との直接の関係を示すことはできず、憶測で止まってしまうだろう。

 だが、南相馬市でα線を発する黒い粉が至る所で発見されたと知ると、やはり昨年の春ごろはα線核種も大気中にあって、それを吸い込んだ住民もいたのではないかと推測する。
 首都圏を走っていた車のエアフィルターからα線核種が検出されたことが、アーニー・ガンダーセンとクリス・バズビーの調査でも報告されているので、南相馬市にα線核種が浮遊していたとしてもおかしくはない。

 首都圏も福島とは程度の差はあっても放射能汚染されている。
 α線核種は、医学的にも健康影響が出ることがわかっているので、人間の身体に起きた異変は、その人が過去に経験が無ければ放射能の影響と考えることもできる。
 首都圏でも、食物に注意しても爪が剥がれる幼児がいるなど、大気中の放射能の影響が疑われる症例がいくつも市民グループによりネットで公表されている。

 東京都港区に住んでいた母親は、自分の子供を含めた5人の子供の尿からセシウムが検出され、砂場の砂を入れ替えても2ヶ月後には砂場から再びセシウムが見つかる状況に嫌気がさして、関西に避難した。
 港区といえば、昨秋、小型スーパーが進出したエリアでもある。人々が去るエリアの不動産の価値は下がる。小型スーパーが進出しても採算が合うレベルまで実際の不動産価格が下がっているのかもしれない。

 クリス・バズビーは日本で講演したとき、ベクレル値に応じて放射能汚染地域の住人は原子力産業から賠償してもらえと言っていたが、あながち冗談とも言えなくなっている。



posted by 春眠 at 18:18| Comment(0) | 原発・放射能・自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。