2012年03月22日

再びのメード・イン・ジャパン

 福島第一原発事故は、日本の産業イメージを損なったとも言えるし、そうでないとも言える。
 世界の原発推進派には、1万人以上の被害者を出した巨大地震で、原発事故が直接の原因で死んだ者はいなかったと逆に安全性を誇る者もいた。
 その反面、津波の危険が指摘されていたのに日本の原子力産業はそれに誠実に対応せずにごまかしてきたこともわかり、その他にも事故対策のオペレーションを把握していなかったなど様々な安全管理上の問題が明らかにされ、日本の安全管理の甘さを露呈してしまった。
 福島原発事故は米国製の原子炉だとはいえ、日本の運営上の安全対応の不備があったことは明らかなので、メード・イン・ジャパンの信頼に疑念を生じさせた。

 それでも、震災被害にあった東北の工場から自動車用の部品が供給できなくなると国内の自動車産業だけでなくて、アメリカの自動車産業さえも製造に影響を与えることがわかり、日本の製造業の落ち込みばかりが強調されていたにもかかわらず改めて日本の部品が世界から高く評価されていたことを知った。

 福島原発事故で広く東日本の半分にまき散らされた放射能の影響で、日本からの食品の輸出には海外で規制が続いているが、工業製品については輸出も復活しているようだ。
 生産機械の海外からの受注も大幅に増えているし、2月の貿易収支も黒字に転じている。

 これまで工場が人件費の安い中国への移転が続いていたが、ここに来て国内回帰の流れも出ている。
 アメリカも中国からアメリカ国内に雇用が戻りつつあるようだが、まるでアメリカと歩調を合わせるように日本でも国内への生産回帰が起きている。

 ところで、IBMのPC部門を中国企業が買収したことは、中国経済の影響力増大を象徴する出来事だった。
 日本IBMのPC部門もレノボへと移った。
 日本IBMのPC部門はかつて5550の開発・販売に成功したほどのケイパビリティを有していて、中国企業のもとでどうなるかと心配されたが、PCの研究開発部門は大和研究所として活動を続けている。

 レノボは日本の法人向けPCのカスタマイズ品については日本で生産を始める。
 かつてIBMのコンピュータが日本で製造されていたとき、メード・イン・ジャパンのIBMコンピュータは品質が良いとの噂もあったようで、生産品質の高さは日本の製造業の強みだった。それも、円高のせいもあり、熾烈な価格競争の前では色褪せてしまった。
 レノボは細かいことに煩い日本のユーザー向けに日本での生産を決めたのだろうが、国内向けだけでなくて、高級品については輸出できるようになればメード・イン・ジャパンの本格的な復権となる。
 生産ラインを工夫して、製造コストの中で人件費の占める割合を引き下げる努力も必要となるだろう。
 中国人も中国製の日本製品よりもメード・イン・ジャパンの日本製品を好むという。
 驕りになること無くメード・イン・ジャパンをどう世界にプロモーションしていくかもこれからの課題となる。



posted by 春眠 at 12:04| Comment(0) | 政治・経済・社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。