2012年04月08日

震災ガレキ受け入れを巡るそれぞれの判断

 札幌市の市長が安全の確証が無いとして震災ガレキ受け入れを正式に拒否した。
 札幌市のような日本の大都市が、無策の政府が押しつける低線量被曝拡散に明確な反対意思を表明したのは称賛に値する。
 国から地方へのカネのバラマキを人質にとって恫喝する政府に地方都市が反対するのはとても難しいのだが、低線量被曝から地域を守る勇気ある判断であり、他の日本の大都市でも震災ガレキ広域処理という低線量被曝拡散への反対の声をあげてもらいたい。

 札幌市は近年、医療産業分野での躍進が著しく、いくつかの先進的な医療関連企業が育っている。先進的医療関連サービスの分野の一部では札幌の企業は東京の企業を超えていて、次世代の日本の成長分野と言われる医療で強いのは、札幌市の将来の経済に明るい光を与えている。
 次世代を担う医療産業が伸びているだけのことはあって、札幌市は政府の言う安全な震災ガレキの嘘を見抜くのもうまい。
 群馬大の早川教授や文科省の航空機モニタリングを見れば、震災ガレキに放射能が降っているのは当然なのだ。
 札幌市の決定を奇貨として、日本が誇る美しい大地である北海道全域で震災ガレキ受け入れを拒否してもらいたい。その代わり放射能被災民の受け入れは積極的にやってもらいたいし、そのための政府支援こそ要求してもらいたい。
 北海道には、バブル経済期に産業を呼ぼうと開発したものの未使用なままになっている地域が多い。そういう開発遊休地には福島やその周辺から企業を積極的に誘致してもらいたい。そうすれば、避難しても仕事の心配が無くなる。

 気になる動きとしては、トヨタが震災ガレキの受け入れに前向きな姿勢を示していることだ。地域住民や自治体の同意が得られれば、震災ガレキ受け入れを進めたいようだが、愛知県はトヨタの企業城下町であって、トヨタ工場立地自治体がトヨタの意向に逆らえるわけがない。
 嫌なことだが、トヨタ工場立地自治体も原発立地自治体も、産業には逆らえない。

 こんな重苦しいトヨタの意向が報じられるとすぐに名古屋市が反応した。名古屋市では震災ガレキを、処分場がない、として拒否するという。
 この名古屋市の決定もすばらしい。特にトヨタが震災ガレキ受け入れに前向きな意向が報じられたすぐ後にトヨタ城下町の愛知県の県庁所在地の名古屋市が拒否を表明したのは意義深い。
 政治判断と経済とは別物であることを示したことになり、経済活動は国民の政治意思に支配されるという当たり前の判断が出されたことを素直に評価したい。

 トヨタは震災ガレキ受け入れなどという政府の誤った政策に乗るのではなくて、その技術力と資金力を生かして放射能除染・放射能隔離の先進的なメカニズムの創造で国民に貢献してもらいたい。
 トヨタには、震災ガレキの安全な焼却設備、放射能付着焼却灰の濃縮、放射性廃棄物の安全な管理といった分野での技術開発にかかわってもらいたい。
 先進自動車会社のトヨタができる国民への貢献というのは、誤った政府の政策に乗ることではなくて、トヨタの技術の先進性と資金力を生かして、技術と資金とで国民の安全を高めることにある。



posted by 春眠 at 08:54| Comment(0) | 原発・放射能・自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。