2012年03月01日

高速増殖炉もんじゅから脱皮するための越前ガニのお歳暮

 日本の原発計画は、高速増殖炉がセットとなっていた。
 原発の利用は、核保有の野望とともにエネルギー自給率の向上も目指していた。
 化石燃料がとれず、ウランさえも輸入に頼らねばならない日本で、エネルギー自給を確立するには、原発で使い終えたウラン燃料を高速増殖炉で新たな燃料として使い、さらにそこで燃料としての(また核爆弾の原料としての)プルトニウムを生み出し続けて、新たに輸入することなくほぼ永遠に自前の核燃料を使い続けることのできる計画が必要だった。

 高速増殖炉もんじゅはあくまでも原型炉として研究開発に利用されていて、商用炉としての活用はもう無くなったと言われている。
 高速増殖炉は、計画がスタートしてから40年以上が経つのに未だに現実的な実用化の目途が立っていない。
 そこで、ウランにプルトニウムを混合したMOX燃料でプルサーマル発電を始めた。

 福島原発3号機の爆発の激しさは、壊れやすいMOX燃料のせいもあったと思う。
 MOX燃料が壊れやすいがゆえに爆発源となる水素も発生しやすく、プルトニウムなどの猛毒放射性物質も漏出しやすい。

 かたや、もんじゅのほうでは、冷却材として使われるナトリウムの漏洩事故が起きたり、炉内中継措置落下事故を起こしたりと危険なナトリウムが漏れ出て大爆発を起こす危険と隣り合わせの施設となっている。
 もんじゅは冷却材として危険なナトリウムを使っているために福島原発のような事故が起きれば、水を使っての決死の事故処理作業すらできず、被害が拡大するのを茫然と眺めるだけとなる。

 こんな危険なものをよくぞ敦賀市が受け入れたと思うが、建設当時はかなり反対派住民もいたようで、いつの間にか反対派がいなくなっていった。今や敦賀市に限らず原発立地自治体はもっとも原発の再稼働に熱心な地域となってしまっている。
 原発関連の交付金の他にすでに原発が地場産業となっていて、地域に根づいてしまったのだ。だから、国の方針で勝手に原発をやめられても困るというのが、原発立地自治体の首長や議会の総意のようだ。
 原発が無くなると原発立地自治体は地域経済が立ち行かなくなる。

 原発立地自治体は電気を都会に売って儲けるだけでなくて、原発関連の交付金も自治体に降りて来る。
 原発安全神話が成立しているうちは、都会で儲けたカネを田舎の原発立地自治体に還流させる経済的な仕組みが原発にはあった。

 ところが、巨大な電力消費地が原発の電気をノーと言えば、原発立地自治体も都会のために原発を稼働させてあげていると主張できなくなるし、国との裏取引も意味が無くなる。
 だから、大阪市と東京都の原発の是非を問う住民投票を実施する意義は大きい。

 越前海岸の急深な漁場は、段々畑のようになっていてカニが生息しやすい環境にある。そんな厳冬の福井の海で育つ越前ガニの身は、瑞々しく適度な脂と甘みがある。

 敦賀市長は昨年11月から12月に公費で購入した越前ガニを原発事故担当大臣や実力のある国会議員にお歳暮として贈っていた。原発推進に熱心な元経産大臣には贈ったが、さすがに現職の経産大臣は避けたようだ。
 皮肉を込めて、敦賀市長は原発から脱皮するためにも、特産の越前ガニを中心にした地域経済への転換を視野に入れ、特産品の売り込みをしたのだろう。



posted by 春眠 at 09:38| Comment(0) | 原発・放射能・自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

震災ガレキ焼却で放射能を環境中に排出しない覚悟

 放射能のついた震災ガレキ受け入れを巡っては、関心の高い住民と自治体との対立が日本全国で起きている。
 政府や自治体がバグフィルタ−で放射能はほぼすべて除去できると説明しても、低線量被曝を心配する住民の不安は解消されない。
 通常の廃棄物焼却で使われている焼却施設のままで、バグフィルターがついてるから大丈夫と言われても納得できないだろう。
 放射能という特殊な物質のついたガレキを焼却するのに既存の焼却炉のままというのは不安になる。

 バグフィルターだけでも、有害物質そのものはかなり除去できるようだが、焼却時に気化してしまう放射性セシウムはバグフィルターだけでは吸着しきれないのではとの疑問は残る。
 除去率を上げるなら、気化した放射性セシウムを冷却して液化するプロセスを排気系に追加すべきだろう。ガスのままよりは、液体に戻したほうがフィルターで取りやすいはずだし、こういう設備も実際に存在する。

 また、放射性物質のついた稲わらを食べた牛の肉が汚染されたというニュースは騒がれたが、稲わらの主成分元素はケイ素であって、放射性物質を吸着しやすい土にもケイ素は多く含まれている。
 ケイ素は、放射性物質を吸着しやすい性質があるようで、ガラスもケイ素が主成分元素となっている。
 だから、原子力施設で使われているガラス繊維フィルターは放射能の除去に有効なのだ。ガラス繊維フィルターは、より高性能のものも開発されている。放射能ガレキを燃やす焼却施設には、バグフィルターに加えて、ガラス繊維フィルターも追加すべきだろう。
 さらに、HEPAフィルターやセラミックフィルターも追加し、除去率をいっそう高めるべきだ。同じ除去プロセスを何回か回すようなメカニズムもあったほうが良い。

 また、ガレキにウランやプルトニウムがついていた場合、焼却炉の温度ではウランやプルトニウムは気化させられないので、気化させて冷却するという方法では取れない。
 皮肉なことに猛毒のα線核種のほうが気化しないだけにフィルターで除去しやすく、焼却灰にも残るので焼却しても環境中に排出されない可能性が高い。
 ところで、焼却灰は、埋め立てて捨てるか、セメントの材料になるようだ。
 埋め立ての場合、地下水が染み込んで環境中に放射能が漏れることもあるが、セメントの中に固めてしまえば、α線による内部被曝のリスクが減るのでα線核種の危険も減る。
 それでも、セメントは家屋の建設に使われるので、人間の住環境にα線核種が近づくのは気分の良いものではない。セメントが劣化して、中身が漏れ出る心配もある。

 気化から冷却のプロセスで除去しきれないウランやプルトニウムなどのα線核種やストロンチウムなどのβ線核種は、別の方法で除去することも考えるべきだろう。
 原発村では、コケやカビなどを使って、プルトニウムやストロンチウムを除去する方法を開発している。
 こうした開発の成果を今こそ利用すべきときだろう。

 焼却灰から放射能を除去すればするほど、残された放射能の含まれる残渣やフィルターの線量は高まっていって危険になるので、より専門性の高い施設での処理が必要になるが、こうすることで、放射能の集約的な管理が可能となり、長期保管するための施設も小さくできる。

 政府や自治体も、放射能を全国に拡散してしまえば、わからなくなるから面倒が無くて良いというような投げ遣りな姿勢で放射能ガレキの処理を進めるのではなくて、環境中への放射能の排出を可能な限りゼロに近づけるとの強い覚悟で取り組んでもらいたい。
 これ以上、消滅しない放射能の環境中への排出を繰り返すべきではない。
 覚悟があれば、現存の技術の組み合わせで、焼却による放射能の環境中への排出を極限まで落とすことは十分に可能なのだ。

posted by 春眠 at 08:30| Comment(0) | 原発・放射能・自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

放射能のついたガレキの処理

 震災被災地でのガレキの処理が遅れていて、焦る政府は、全国の自治体にガレキ焼却を依頼している。
 ガレキの受け入れを要請されている自治体は、被災地の窮状と政府から来る焼却費用を考えれば震災ガレキの受け入れは認めたいようにも見えるが、震災ガレキには放射能もついていることから、地域住民の反発を招いている。

 放射能というのは基本的には封じ込めて行って、集約すべきなのだが、政府はガレキの放射能汚染を問題無いレベルだからと全国に放射能を拡散させたいように見える。
 何も汚染レベルの低い地域に放射能を持って行く必要もないとも思うが、政府内ではどうも低放射線量安全説が優位なようだ。
 原発安全神話の次は低線量安全神話かとも思う。

 ただ、放射能ガレキを震災被災地に放っておいていいわけでもなく、悩ましい問題ではある。
 放射性セシウムについては、既存の焼却炉でも、排気プロセスで吸着させることは理論的に不可能ではないようだ。
 放射性セシウムを約700℃以上で燃やせば、気化するので、気化したセシウムを排気管に流し込み、急速に冷却すれば、セシウムはガスから物に戻るのでそこでフィルター除去してしまう。
 フィルターとしてはバグフィルターが考えられている。

 でも、これだけでは不安なので、原子力施設で使われているHEPAフィルターやガラス繊維フィルターもつけておいたほうがいいようだ。
 これらフィルターは、より高性能のものも出ているので、それらを実験し、比較検討して、最善の組み合わせを見つけるべきだろう。
 また、1回のフィルタリングで放射能を取り切れない場合、線量計の値を確認しながら、こうしたフィルタリング・プロセスを2回、3回と循環させる必要もある。

 フィルターで放射能を除去できたとしても、フィルターや燃え残った灰には極度に放射能が濃縮されるので、これらの処分をどうするかも問題となる。セシウム以外の放射性物質が残っていることも考えられるので慎重な対応が求められる。
 低線量安全神話のもとで、環境中に捨ててしまえ、となると地域住民の理解は得られにくい。
 だから、こうした放射性廃棄物を管理できる格納庫が必要となる。浅い土中に格納庫をつくって、そこに保管するのが海外では一般的なようだ。

 放射性廃棄物に加えて、高濃度に放射能汚染された焼却炉をどうするかの問題もある。
 放射性物質のついたゴミ専用の焼却炉としてしまうのか、その後も非放射性廃棄物の処理に使い続けるのか、このへんの判断もいる。

 つまり、放射能汚染されていない地域で、放射能ガレキを焼却する場合、排気ガス中の放射能だけでなく、放射能の濃縮されたフィルター、灰、焼却炉についても対応を決めておく必要がある。

 既存の焼却施設への新たなフィルタリング・システムの追加や環境から隔絶された灰の処分場の建設、焼却炉の放射能除染または廃棄などのコストも考えて、どういう形で放射能のついたガレキの処分を進めるかを判断すべきだろう。
 全国に分散してこうした放射能処分できる施設を新たに建設するのか、震災被災地でもってこうした集約型高性能焼却施設を建設すればいいのか。
 はたまた、低線量安全神話で、適当に処理するのか。
 こうした判断は低線量被曝をどう考えるかで、意見は真っ二つに分かれる。

posted by 春眠 at 10:16| Comment(0) | 原発・放射能・自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。